最近、患者さまからお子さんの育児や体の相談をよく受けるので

 

 

今回はいつもにまさって不思議で変なお話をさせていただきます(^^)

 

 

皆さんにお聞きします!!

 

 

皆さんは生まれる前の記憶やお腹の中にいた時の記憶はありますか?

 

 

皆さんないですよね(笑)

 

 

私もありません(笑)

 

 

でも、この世には生まれる前の記憶を持つ子供がいます。

 

 

以前、前世の死の瞬間の記憶を持つ子供がいるというお話しを書かせて頂きました。

 

 

世の中にはそんな不思議な力を持って生まれて来る子供がいますが・・・

 

 

実は・・・

 

 

私の息子(長男)も生まれる前の記憶がある子供の1人なんです(笑)

 

 

ここからは、とても変な話しなので読みたい人だけ読んでください(^^)

 

 

私の息子(長男)が生まれる前の記憶があることを話し出したのが幼稚園に入った頃でした。

 

 

言葉も少しずつ話せるようになり

 

 

会話のキャッチボールも出来るようになった頃でした。

 

 

ある日、妻が何気に長男に『どうしてお母さんとお父さんの所に生まれてきたの?』と聞くと

 

 

長男『弟の〇〇がお父さんとお母さんを見つけたから』(当時はまだ赤ちゃんで2つ下の弟がいました)

 

 

妻『え・・・・?』

 

 

長男『弟の〇〇とお空から誰のお腹に行くか探して決めてん』

(カンカン♪ガタンゴトン♪ガタンゴトン♪)

大好きな電車で遊びながら普通に答えたそうです。

 

 

どうやら何組かの夫婦を次男が『アレは?アレは?』と長男に聞き

 

 

長男が『アレは違うな〜アレもちょっと違うな〜アレだったらいいな(^^)』

 

 

どうやら3組ぐらい良さそうなお父さんとお母さんがいたそうです。

 

 

その中で、お父さんとお母さんが笑っていて1番楽しそうな夫婦が私のようでした(笑)

 

 

そして、長男が『お空の上にいた時に神様との約束が3つあるねん』

 

 

1つはお母さんの所に行くこと

 

2つは必ず最初にオシッコをすること

 

3つはオッパイを飲むこと

 

 

それ以外にも、オジイちゃんオバアちゃんを選んではダメだとか(笑)

 

 

神様の子供の子供(神様の孫?)の学校があり、そこで宇宙語を教えてもらったり

(おはよう・こんにちは・こんばんはが全部統一された記号らしいです(^^;))

 

 

他にも赤ちゃんがいっぱいいて神様に『行ってこーい!』と言われて

 

 

みんないっせいにお父さんとお母さんを探しにいくようです(笑)

 

 

妻『神様はどんな顔をしてんの?』

 

 

長男『生まれたら神様の顔は忘れるねん』

 

 

長男『でもな・・・大仏さんみたいな感じ』

 

 

妻『・・・・・』

 

 

とても信じがたい話に

 

 

妻『ほんまか〜??』と長男に言うと

 

 

長男は真顔で『ほんまやで!!』と言うのです。

 

 

妻『そうなんや〜でも生まれて来る時は本当に難産やったんよ』

 

 

長男『難産て何??』

 

 

妻『生まれるのが大変やったってこと』

 

 

長男『だってな・・・ヌルヌルして出にくかってん(^^)』

 

 

妻『・・・・・』

 

 

この経緯を仕事から帰った私も妻から話を聞きとても興味を持ちました(^^)

 

 

それから数ヶ月経った頃に

 

 

妻『どうしてお母さんとお父さんのところに生まれてきたん?』ともう一度質問をすると

 

 

長男『それ前に言ったやん』と言い、同じことを答えるのです。

 

 

長男は小さい頃は大人には見えないものが見えたりしていました(汗)

(誰もいない場所に手を振ったり・・・夜の線路の上に人が這ってるのが見えていたり・・・)

 

 

そんなある日、小児科医の先生が主催されるワクチンセミナーに参加したときのことでした

 

 

セミナーの最後に小児科医の先生の子供さんの話しになり

 

 

その先生にはお子さんが4人おり

 

 

1番末っ子が女の子で上に男の子が3人いる6人家族でした。

 

 

末っ子の女の子はまだ幼稚園ぐらいの年齢で

 

 

ある日、女の子がお父さんに

 

 

『本当は1つ上のお兄ちゃんより前に生まれてお兄ちゃんのお世話をしたっかたの』

 

 

『だけどお空の上で寝ちゃってその間にお兄ちゃんが先に行っちゃったの』と言ったそうです。

 

 

先生は『そうなんだね(^^)』と言い

 

 

どうやってお母さんの所に来たのかを聞いたそうです。

 

 

すると、雲の滑り台があり滑った先にはそれぞれ違う3枚のお母さんのパネルがあったそうです。

 

 

そこで女の子は1番怒った顔が怖くないお母さんを選んだそうです(笑)

 

 

その話しを聞いた時に私の息子と似たようなことを言っていると思いました(^^)

 

 

私自身、治療に必要な時は現世・過去世・未来・パラレルワールド・アカシックレコード

 

 

エネルギーをもちいてアクセスするので

 

 

息子の話しに全く違和感はありませんでした。

 

 

息子の話しが『本当か?嘘なのか?』ということは

 

 

何より息子の話しを聞いて心にスッと気持ちよく入ってきたので

 

 

私にとってそれが正解なんだと思いました(^^)

 

 

このように私の息子や小児科医の先生のお子さんのように

 

 

子供は親を選んで生まれてきます。

 

 

その親の下に生まれることで今世での自分の魂を成長させようとします。

 

 

お子さんが病気やハンデを抱えて生まれて来たとき

 

 

お子さんが成長する過程で思うようにいかなかったりすると

 

 

特にお母さんは自分を責めてしまいます。

 

 

でも、自分を責めないでください。

 

 

お子さんは自分の魂を成長させるために自分で乗り越えないといけない試練や状態を決めて

 

 

そして、このお母さんとお父さんの子供だったら乗り越えられると信じて生まれて来ます。

 

 

だから、自分を責めずにお子さんを信じて応えてあげてください。

 

 

そして、必ず乗り越えられる問題しか決めてきません。

 

 

だから、『もうダメだ・・・』と諦めないでください。

 

 

 

全ては偶然ではなく必然です。

 

 

全てを楽しんで愛しているよ(^^)

 

 

その愛のエネルギーが子供にも自分にも全ての人が生まれる前に決めて来た

 

 

幸せになる方法なんです(^^)

 

 

追記

今や長男も小学2年生になりましたが、まだ記憶が残っています(笑)

 

そして、当時と同じように答えてくれます(^^)

 

ある日、数ヶ月前に3男が生まれたので3男もお空で一緒にいたのか聞きました。

 

長男『3男の〇〇はおらんかったな』

長男『でもな、人って死んだら生まれ変わるんやで』

長男『だから、3男の〇〇は生まれ変わりやで』

 

私も妻も私がする治療内容を小学2年生の息子が分かると思っていないので話したこともなく

息子が前世や過去世なんてモノがあることを理解しているとは思えないんですが

長男は人には過去世があることを知っているのでしょうか・・・

 

でも、今回も心にスッと入ってきたので、私はその答えを信じます(^^)

 

 

 

〜当院の施術は〜

 

 

人体の筋肉・骨・神経・血管・リンパ・内臓

 

 

 

顕在意識潜在意識

 

 

 

特定の周波数(エネルギー)を使い

 

 

皆さまの健康を全力でサポートをさせていただきます。

 

 

当院に関わる皆さまが笑顔になり

愛が溢れますように!!(^^)