患者さまからのご質問の中で

 

 

よく聞かれる事の1つに

 

 

施術後、家でセルフケアのために

 

 

『ストレッチ』した方がいいですか?

 

 

とよく質問されます。

 

 

まず、ストレッチには2つの種類があります。

 

 

静的ストレッチ

 

 

動的ストレッチです。

 

 

まず、静的ストレッチとは静止して行うストレッチです。

 

 

最も一般的に行われるストレッチで

 

 

アキレス腱を伸ばしたり

 

 

座位で足を広げて前屈する

 

 

地面に座った状態や立った状態から

 

 

筋肉を伸ばして行くストレッチが『静的ストレッチ』で

 

 

患者さまのいうストレッチは静的ストレッチの事を言っていました。

 

 

一方で、筋肉を動かしながら行うストレッチが

 

 

動的ストレッチ』と言います。

 

 

動的ストレッチとは、ラジオ体操なんかがそうです。

 

 

最新の研究では・・・

 

 

静的ストレッチはパフォーマンスに

 

 

悪影響を与えている可能性があると言われています。

 

 

『静的ストレッチをすると筋肉は存分に動きにくくなり

 

 

その結果、静的ストレッチを行った後の

 

 

30分から1時間は運動能力が落ちる』

 

 

よく陸上の100M走でスタート前に

 

 

アキレス腱を伸ばしたりする選手をみましたが

 

 

最近では軽くジャンプをしたり

 

 

体を揺すったりするのをよくみかける様になりました。

 

 

では実際に、アキレス腱を伸ばした後に

 

 

前屈をしてみてください。

 

 

アキレス腱を伸ばす前よりも

 

 

前屈しやすいですか? 

 

 

それとも変わらない?

 

 

変わらないだけでなく

 

 

前屈しにくくなってませんか?

 

 

昔は体に良いとされていたものが

 

 

実は良くないものだった・・・

 

 

何てことは良くあることです。

 

 

なごみ整骨院でも患者さまに

 

 

自宅で、できるケアとして

 

 

『ストレッチ』をお伝えしています。

 

 

モチロン只のストレッチではありません( ̄∀ ̄)

 

 

なごみ式ストレッチです(^^)

 

 

簡単に、すぐにできるのに

 

 

なごみ式ストレッチを行うと

 

 

ストレッチする前と後では

 

 

全く違うことが体感できます。

 

 

お伝えした患者さま皆さんが

 

 

『なんで〜!!』と驚かれます。

 

 

簡単に説明すると

 

 

『なごみ式ストレッチ』とは・・・

 

 

動的ストレッチです。

 

 

スポーツや仕事をする前に

 

 

『なごみ式ストレッチ』をすることで

 

 

怪我の予防・ケアにもつながります。

 

 

詳しくお伝えしたいのですが

 

 

来院された時のお楽しみに!!

 

 

これからも患者さまにとって良いものを

 

 

全力でサポートさせていただきます。

 

 

〜当院の施術は〜

 

 

人体の筋肉・骨・神経・血管・リンパ・内臓

 

 

顕在意識潜在意識

 

 

特定の周波数(エネルギー)を使い

 

 

皆さまの健康を全力でサポートをさせていただきます。

 

 

当院に関わる皆さまが笑顔になり

 

愛が溢れますように!!(^^)